いつの間にか

盗聴器は「いつの間にか仕掛けられている」のが大半です。
その為、盗聴器とは無縁の世界で過ごしているようであっても、実はその被害に合っている可能性もあありえます。

「いつの間にか」のタイミングには、色々なパターンがあります。
これはつまり、それだけ仕掛けられる隙が多いとも言えます。
例えば、自宅に何者かによって不法侵入された形跡あるにもかかわらず被害が見当たらない時。
この場合、目に見える被害はなくとも盗聴器が仕掛けられている可能性も十分にあります。

マンションにも

いつの間にか仕掛けられる盗聴器は、賃貸マンションにも存在します。
賃貸マンションの場合、前の入居者や大家によって仕掛けられるパターンが多いです。
その後、何も知らずに入居した人物は盗聴器が仕掛けられていることに気が付かず、知らぬ間に被害にあってしまいます。

このような被害を防ぐ為には、マンションに入居する前に盗聴器発見の調査を行なうのが大切です。
事前に盗聴器発見で盗聴器を発見しておけば、今後の生活を安心のできる快適な生活にできます。
また、賃貸マンションに限らず、中古マンションや一軒家など新たな生活を始める場所全てに盗聴器発見の調査を行なうのが大切です。