会社での被害

盗聴器発見の調査は、盗聴による被害を防止するには欠かせない調査です。
被害に合ってから調査を行なうのももちろん大切ですが、やはり被害に合ってしまう前に調査しておくに越したことはありません。

盗聴器による被害は実に色々であり、会社でそれが起きるのも珍しくありません。
会社では社外に漏れてはいけない情報がたくさん溢れています。
例えば、新商品の開発情報が社外に漏れてしまうと、その情報を元に開発案が盗まれてしまう恐れがあります。
また、社員や顧客の情報も盗聴されるおそれもあり、これによって会社全体の信用度も大きく崩れます。

このようなトラブルを未然に防ぐ為にも、定期的に盗聴器発見の調査を行なうのが大切です。

犯罪や目的

盗聴器による被害は、会社だけにおきるのではありません。
これは、離婚や選挙活動でも起きる被害です。

離婚や選挙活動において盗聴器が仕掛けられる理由に、相手に不利になる情報を盗むためです。
例えば、離婚で慰謝料を請求したい時、その十分な証拠になる発言を盗聴器によって盗みます。
また、選挙活動において不正をしているかどうかを盗聴によって盗み聞かれる場合があります。

その他、計画的に行なう誘拐や空き巣など、色々な犯罪の為に盗聴器が使用されています。